金運神社 東京

東京にあるおすすめの金運神社

 

誰でも金運がアップする方法とは?
金持ちは無意識にやっていること、、、「○○を毎日5分」 >>

 

東京都の金運神社

 

 

 

金運アップ

「財布はお金を持ち歩くための入れ物」ですが、強力な「金運引き寄せデバイス」になることを御存知ですか? この事実を多くの方がご存知ありません。中には、金運アップとは真逆の効果をもたらすような財布を平気で持ち歩いている方もいらっしゃるようです。お金持ちの財布はいつも新品のように綺麗な状態、さらにいくつかの共通点があります。お金持ちは財布の持つ力を無意識の内に理解しているのです。詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

金運アップ金運アップの風水財布


 

 

 


大きな地図で見る【東京】

 

 

 

 

風水都市『江戸・東京』のすごさ

 

中国発祥の風水は、地形や方位が建物にもたらす運気を事前に知るための実用的な技術として、アジア全域に広まりました。日本には推古朝の頃に仏教の伝来と同時期に伝えられたようです。

 

その後、風水に理解のあった天武天皇(673年即位)によって「陰陽道」という形で正式に認められ、平安京をはじめとした多くの都の造営に活用されてきました。風水思想がほぼ完璧に生かされた都が江戸そして東京です。

 

 

金運アップ


 

 

 

金運アップ

陰陽道といえば安倍晴明(アベノセイメイ)。陰陽師の始祖、占い師の始祖でもあり、平安時代に天文陰陽博士として活躍し朝廷に対しても絶大な影響力を持っていた人物です。

 

安倍晴明

様々な式神(識神・鬼神)を操り、天変地異を予測し、また人の前世・来世が見えたと伝えられています。

 

彼の住まいは京都の一条戻り橋近くにあり、彼の死(1005年)から2年後、時の帝は生前の彼の偉業を称え屋敷跡に社を建立しました。それが今に伝わる清明神社です。

 

 

 

 

二重の鬼門封じ

 

金運アップ

風水都市としての江戸の町のプランニングに中心的な役割を果たしたのが、黒衣の宰相として権勢をふるい徳川三代に仕えた天海僧正(明智光秀?)です。

 

彼は平安京をモデルにそれを凌ぐ風水都市にしようと様々な仕掛けを施しました。参考にしたのが、当時世界最強の風水都市であった平安京です。

 

江戸の中心と言えば江戸城、その鬼門すなわち北東(うしとら)には上野があります。平安京の鬼門封じの要といえば比叡山、これに相当する山として東国にある比叡山という意味で東叡山という地名をあらたに設けました。

 

 

そして、ここに建立されたのが上野の寛永寺です。
南西(ひつじさる)の裏鬼門には目黒不動として知られる龍泉寺という布陣です。

 

金運アップ

風水における形殺の基本である鬼門と裏鬼門を封じ、さらに陰陽五行説にもとづき江戸城をぐるりと取り囲むように江戸五色不動尊を設置しました。

 

目黒不動(目黒区竜泉寺)、目黄不動(台東区永久寺)、目赤不動(文京区南谷寺)、目白不動(豊島区金乗寺)、目青不動(世田谷区教学院最勝寺)で、これらは陰陽五行説の「木火土金水」に相当します。

 

江戸の地は形殺が多く弱点だらけの地勢だったので、天海僧正は鬼門封じを二重に行っています。それが日光の東照宮です。目黒不動 江戸城 上野寛永寺を結んだライン、すなわち裏鬼門と鬼門を結んだ延長上に東照宮は位置しています。

 

鬼門封じ最後の要として、徳川初代将軍「家康公」が祀られた意味はそこにあります。この地に眠ることは家康公の遺言でもありました。

 

 

3本の龍脈

 

金運アップ

五街道として知られる甲州街道(甲州道中)や東海道を、幕府が直轄し道中奉行に管理させたのも、江戸防衛の観点にプラスして風水思想がベースにあります。

 

これらは気の大きな流れである龍脈を効率よく江戸の地に誘うための壮大な仕掛けです。

 

そして日本を代表する龍穴である富士山の旺気も秩父山系を経由して江戸にもたらすために、約1300年の歴史を誇る神田明神を手厚く保護しました。

 

東海道 甲州街道 富士山〜神田明神、これら3本の龍脈が風水的には江戸の背骨になります。そして、富士山の旺気をさらに積極的に集めるために仕掛けられたのが、江戸の町に張り巡らされた螺旋状の水路です。

 

 

螺旋水路

 

金運アップ

2020年の東京オリンピック開催決定をうけて、東京の地図を目にする機会も増えました。

 

一見すると、あたかも皇居(江戸城)を中心に内堀通り(環状第1号線)・外堀通り・山手通り・明治通り・環七・環八、そして首都高速など、様々な幹線道路が同心円上に並んでいるかのように見えます。ですが、これらは元から独立した同心円なのではなく、ベースにあるのは江戸期に作られた螺旋状の水路なのです。

 

残念なことに明治に入ると欧米風の近代都市を目指した帝都東京では、江戸期に作られた水路は随所で埋められたり中途で寸断されたりしましたが、かつての螺旋水路の痕跡は今でも都内各地に見られます。

 

 

金運神社 東京

市ヶ谷にある釣り堀、赤坂見附の弁慶堀(弁慶橋ボート場)、和田倉堀、馬場先堀、日比谷堀と、今では独立した池や溜池のようになっていても、かつては一筆書きのようにつながっていました。

 

 

東京にお越しの際は、ぜひ天海僧正のプランニングによる様々な仕掛けの痕跡を探されてみてはいかがでしょうか。痕跡をめぐるだけでもダイナミックな旺気を獲得できます。

 

 

 

金運アップ

金運アップ


 

 

 

 

 

大國魂神社 (おおくにたまじんじゃ)

  

東京都府中市宮町3-1    TEL:042-362-2130

 


大きな地図で見る【東京 大國魂神社】

 

 

 

豊川稲荷 (とよかわいなり)

  

東京都港区元赤阪1-4-7    TEL:03-3408-3414

 


大きな地図で見る【東京 豊川稲荷】

 

 

 

金刀比羅宮 (ことひらぐう)

  

東京都港区虎ノ門1-2-7    TEL:03-3501-9355

 


大きな地図で見る【東京 金刀比羅宮】

 

 

 

明治神宮 (めいじじんぐう)

  

東京都渋谷区代々木神園町1-1    TEL:03-3379-5511

 

金運アップ 方法

東京を代表する神社の1つが明治神宮。都心にありながら敷地面積は70万平米、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている神社です。お二人にゆかりがある地として代々木が選ばれました。

 

ここは金運に限らずパワースポットとしても全国的に有名で、中でも清正井(きよまさのいど)はテレビ番組でも取り上げられてからは参拝者が急増したことでも知られています。

 

水は神道において祓い清める手段として尊重されています。水はあらゆる物質を溶かす能力があり、運気や霊体も吸収します。その時の水の状態がたまたま良い運気(旺気)で満ち溢れていれば問題ありませんが、悪い運気(殺気・邪気)で満たされていたり、あるいは邪悪な霊体が紛れ込んでいるという事も有り得ます。

 

なので清正井のように、様々な念を伴って多くの参拝者が訪れる場の水を持ち帰るという行為は大変リスキーです。金運アップを目的にせっかく参拝に訪れても、殺気をはじめとした様々な悪い運気を拾って帰ってしまっては意味がありません。

 



 

 

 


大きな地図で見る【東京 明治神宮】

 

 

 

穴守稲荷神社 (あなもりいなりじんじゃ)

  

東京都大田区羽田5-2-7    TEL:03-3741-0809

 


大きな地図で見る【東京 穴守稲荷神社】

 

 

 

穴八幡神社 (あなはちまんぐう)

  

東京都新宿区西早稲田2-1-11    TEL:03-3203-7212

 


大きな地図で見る【東京 穴八幡神社】

 

 

 

皆中稲荷神社 (かいちゅういなりじんじゃ)

  

東京都新宿区百人町1-11-16    TEL:03-3361-4398

 


大きな地図で見る【東京 皆中稲荷神社】

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

【金運神社】 金運アップに効果がある全国神社一覧:南関東(埼玉 千葉 東京 神奈川) 
埼玉県の金運神社:聖神社
千葉県の金運神社:関叡山妙泉寺
東京県の金運神社:大國魂神社 豊川稲荷 金刀比羅宮 明治神宮 穴守稲荷神社 穴八幡神社 皆中稲荷神社
神奈川県の金運神社:佐助稲荷 宇賀福神社

 

 

 

 

 

金運アップ 金運神社 千葉このページの先頭に戻る金運神社 神奈川 金運アップ

 

 

当サイト『金運アップ確実な方法の理論と実践』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページでは東京都内の金運アップに効果のある神社をご紹介しております。また風水都市としての側面をもつ東京についても解説しております。皆様の速やかな金運アップを心からお祈り申し上げます。