金運神社 奈良

奈良にあるおすすめの金運神社

 

>> 誰でも金運がアップする方法、金持ちは無意識にやっていること。「○○を毎日5分」

 

奈良県の金運神社

 

  • 談山神社        奈良県桜井市多武峰319
  •  

  • 大神神社        奈良県桜井市三輪1422
  •  

  • 石上神宮        奈良県天理市布留町384

 

 

金運アップ

いま使っている財布は買って何年経ちますか? 財布は消耗品、長くても3年経過すれば替え時です。定期的にメンテナンスし汚れやホツレなどを丁寧にケアすれば、もっと長持ちするかもしれませんが、それでも限界があります。徐々に形は崩れ、取れない汚れも蓄積するものです。目指すのはいつも新品のようにキレイな状態の財布です。素材は特に関係ありません。問題は形と色です。このポイントさえ抑えれば、強力な金運獲得ツールとして生涯にわたってあなたに大いに貢献します。詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

金運アップ金運アップの風水財布


 

 

 

 

金運アップ 奈良県のおすすめ温泉宿(大峯山洞川温泉)はこちらを参照下さい

 

金運アップ 方法 奈良県 金運神社 金運アップ 奈良県

 

 

 


大きな地図で見る【奈良県】

 

 

 

 

 

談山神社

  

奈良県桜井市多武峰319    TEL:0744-49-0001

 

金運アップ 方法

 

 

金運アップ 奈良県 桜井市 談山神社周辺のおすすめ宿

 

金運神社 奈良 金運神社 奈良 金運神社 奈良

 

 


大きな地図で見る【談山神社】

 

 

 

大神神社(おおみわじんじゃ)

  

奈良県桜井市三輪1422    TEL:0744-42-6633

 

日本書紀、古事記、万葉集などにも頻繁に登場する大神神社は、日本最古の神社と言われています。日本書紀に記された大神神社の創建に関する内容から推察すれば、天皇がまだ正式にいない時代から既に存在していたことが分かります。ある意味、神代から今日に至るまで信仰が途切れずに受け継がれきたという事実は驚くべきことです。

 

大神神社のご神体は三輪山です。かつては入山禁止でしたが明治以降はだれでも登拝することが可能になりました。隣接する狭井神社(さいじんじゃ)で申し込みを行い、「三輪山登拝証」と記されたタスキを掛けお祓いを済ませてから登拝します。ただし登拝は午後2時までで滞在は3時間以内、その他、当たり前ですがゴミ捨ては絶対禁止、そして写真撮影も禁止されていますので注意して下さい。また、正月三ヶ日、2月17日、4月9日、4月18日、10月24日、11月23日は入山できません。

 

大神神社は関西屈指のパワースポットとして全国的にも有名になりました。中でも最も強烈なパワーが感じられる場所が、ご神体である三輪山のすぐ手前に建つ「三ツ鳥居」です。現在の鳥居は明治16年に造り直されたもので、その後さらに何度か修繕されているので見た目は比較的新しいのですが、ここに立つだけで何やら不思議な感覚を覚える方が多いようです。

 

私も初めてここを訪れた際は、頭のてっぺんから上に引っ張り上げられるような不思議な体験をしました。宿に戻ってからも体全体が何やらフワフワしたような感覚が続き、そして翌朝には見るもの全ての輪郭がハッキリしあたかも視力が上がったかのような感覚になりました。

 

御祭神

大物主神(主神:おものぬしのみこと)

大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)

御利益(御神徳) 金運アップ 邪気除け 開運招福 運気上昇 多産増幅 健康長寿
電車アクセス JR桜井線「三輪駅」下車 徒歩5分

 

近鉄「桜井駅」下車 北口2番乗り場からシャトルバスにて「三輪神社」下車(所要時間:20分)

車アクセス 西名阪自動車道 天理インターより車で20分 ※大鳥居横・二の鳥居付近無料駐車場有

 

 

金運アップ 奈良県 桜井市 大神神社周辺のおすすめ宿

 

金運神社 奈良 金運神社 奈良 金運神社 奈良

 

 


より大きな地図で 金運神社 奈良【大神神社】 を表示

 

 

 

石上神宮

  

奈良県天理市布留町384    TEL:0743-62-0900

 

金運アップ 奈良県 天理市 石上神宮周辺のおすすめ温泉宿はこちらを参照下さい

 

金運神社 奈良 金運神社 奈良 金運神社 奈良

 

 


より大きな地図で 金運神社 奈良【石上神宮】 を表示

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【金運神社】 金運アップに効果がある全国神社一覧:近畿地方(三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山) 
三重県の金運神社:伊勢神宮 敢國神社 二見興玉神社 大村神社 椿大神社 諏訪神社 猿田彦神社
滋賀県の金運神社:松尾神社
京都県の金運神社:賀茂御祖神社 出雲大神宮 八坂神社 石清水八幡宮 平安神宮 車折神社 元伊勢皇大神社 貴船神社 花山稲荷神社
大阪県の金運神社:杭全神社 磐船神社 百舌鳥八幡宮 瓢箪山稲荷神社
兵庫県の金運神社:多井畑厄除八幡宮 弓弦羽神社 王地山稲荷社 鹿島神社
奈良県の金運神社:談山神社 大神神社 石上神宮
和歌山県の金運神社:熊野速玉大社 日前国縣神宮
奈良といえば古代史における中心地的な存在。古くから政治経済の中心となる多くの都が置かれ、2010年には平城遷都1300年記念関連の各種事業が県内随所で開催されました。存在そのものが歴史ともいえる奈良には多くの観光名所があります。寺社仏閣をはじめ様々な遺跡が県内各所に見られ、観光客を飽きさせません。コアなリピート客の多さでは奈良は京都以上というのも頷けます。お水取りで有名な東大寺二月堂修二会、春日若宮おん祭といった伝統行事は1年を通じて各地に見られ、また正倉院展・なら燈花会や若草山の山焼きといった比較的新しい催しにも積極的です。奈良県への観光客数は国内外合わせて約4000万人という規模を誇りますが、受け入れる宿泊施設が少ないことでも有名です。2006年度におけるホテル軒数は全国都道府県別で46位、客室数は47位で最下位です。その影響もあって、多くの観光客は宿泊先を大阪や京都を優先する傾向にあります。奈良県を観光する際は、日程決めよりも先に宿泊先の確保を優先されることをお薦めします。