無駄な出費を抑えて金運アップ

金銭の浪費=金運の浪費

浪費家にお金持ちはいません

 

金運アップ 方法

浪費(無駄遣い)が習慣化している人にお金持ちはいません。

 

かつてどれだけ倹約に務めていても、大金を手にするようになってから浪費癖がついてしまった成金のような方も、残念ながらまた元の金欠状態に早々と戻ってしまうものです。

 

お金は金気(金運の源)そのものです。目の前の現金も預金通帳のデジタルな数字も、ともに金気の塊です。

 

これをいとも簡単に無目的的に放出してしまうという行為は、せっかく溜め込んだ金運をあっさり捨て去ってしまうことにほかなりません。一見、無駄遣いや放蕩と思えるようなお金持ちの行為も、実はその裏には様々な意味が込められています。

 

お金持ちといえば慈善事業への高額な寄付が有名ですが、それさえも宗教的な意味として、あるいは様々な意味での”保険(保身)”が真の目的です。

 

詳しくはマインド編で説明しますが、潜在意識レベルでお金持ちモードが出来上がっていない場合、お金が潤沢に存在する状況に落ち着かず、ついついお金を放出したくなるものです。

 

結果としてまた元の金欠状態になりますが、心のどこかでそんな状況にホッと安心してしまうものです。

 

これではいつまで経っても真の意味のお金持ちにはなれません。

 

 

浪費とは

 

何を持って浪費とするかは、まず「投資」か「消費」かの違いで判断します。お金を増やす目的で費やされるのであればそれは投資です。株式や債券などを購入する、収益不動産を購入する、資格を取るために学校に通う、成功者のマインドを学ぶために本を買う、などは立派な投資です。

 

お金を増やすという明確な目的がないものは、全ていったん消費のカテゴリーに入れます。消費とは、費やしたお金と手に入れた物やサービスの価値が同等である行為を指します。

 

費やしたお金と同等ではなくその価値以下である場合、それは浪費となります。

 

金運アップ 方法

ここで問題となるのが衣食住にかんすることです。基本的には「消費」のカテゴリーに入りますが、生きる上で欠かせない項目であるという理由からどうしても油断が生じてしまいます。

 

本当にその高価なスーツはいま必要ですか? その外食費、どうしても必要ですか? その保険や住宅ローン、払い続けるだけの価値はありますか?

 

自分では何気なく消費と判断している行為も、実は紛れも無い浪費であることがよくあります。

 

保険と住宅ローンの見直しに着手

 

ここでは金運を流出させてしまう浪費の代表として、「保険」と「住宅ローン」の見直しについて解説します。両者に共通するのは、購入を決めた瞬間は消費と判断できても、状況の変化に応じて見直しを行わなければ、時間の経過とともに確実に浪費に変化してしまうということです。

 

保険や住宅ローンの見直しは、金運をアップさせると同時に実質的な可処分所得が増えることになりますので、「いつか見直そう」ではなく今この瞬間からさっそく見直しを開始して下さい。

 

 

 

金運アップ 方法 保険を見直して金運アップ >>

 

金運アップ 方法 住宅ローンを見直して金運アップ >>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金運アップ 方法 外勤営業マン 金運アップこのページの先頭に戻る保険を見直して金運アップ 金運アップ 方法

 

 

当サイト『金運アップの方法』を訪問いただきありがとうございます。どれだけ金運アップのトレーニングを行っても、溜め込んだ金気を日常的に捨て去っていれば、なかなか金運アップの効果を実感できないことが多いものです。その最たるものが人生で一番の買い物である住宅の購入です。こちらのページでは金運アップと住宅購入の関係、特に住宅ローンの問題について解説しております。

STEP9 無駄な出費を抑えて金運アップ記事一覧

保険を見直して金運アップ

一生の間で住宅の次に大きな買い物が保険です。この事実を多くの方がスルーしている状況には恐ろしさを感じます。「何となく加入していれば安心」「保険会社のプロがおすすめするものだから間違いないだろう」こんな軽い感覚でよく検証もせずに加入していませんか?保険自体を否定するものではありません。適切な保障内容で...

≫続きを読む

住宅ローンを見直して金運アップ

人生で一番大きな買い物といえば住宅です。日本人の住宅ローン返済額の平均は毎月73,920円、年887,040円です。世帯年収が500万円とすれば、実に20%近くの現金がローンの支払いに消えていることになります。「住宅を購入することは資産を購入することなので投資である」、という話を耳にされたことがある...

≫続きを読む