金運神社 石川

石川にあるおすすめの金運神社

 

>> 誰でも金運がアップする方法、金持ちは無意識にやっていること。「○○を毎日5分」

 

石川県の金運神社

 

  • 金沢神社        石川県金沢市兼六町1-3
  •  

  • 金劒宮         石川県白山市鶴来日詰町巳118-5

 

パワースポットブームが一段落し、いま金運神社巡りは1つの旅のスタイルとして完全に定着しています。最も多いパターンは温泉地との組み合わせです。旅行代理店各社も多くのパッケージ商品を用意しています。中でも北陸随一の金運神社である「金沢神社」を擁する石川県は、観光を兼ねた金運神社巡りの地としてぜひおすすめしたいスポットです。「金劒宮」も「金沢神社」と並び称される北陸の金運神社で、石川県を訪れた際はぜひ両社に足を運びたいものです。

 

金運アップを目的とした金運神社参拝に限らず、神社参拝においては温泉と絡めるのは大変効果的です。水は万物を溶かす性質を持っています。もちろん金運をはじめとした各種の運気も溶かしこむことができます。特に体表面には物理的な垢や汚れに混じって数多くの邪気(負の運気)が存在します。これを温泉で洗い流すことで神社参拝における「祓い」が効果的に作用します。

 

言うまでもありませんが、邪気(負の運気)を祓ってばかりいるだけでは金運はアップしません。毎日しっかり金運アップの大元になる金気を獲得し続ける必要があります。『アクション編』で提示した方法によって確実に金気を獲得し続けて下さい。金気獲得と金運神社参拝は1つのセットとして捉えて下さい。このセットによる運気の新陳代謝促進で金運は飛躍的に向上します。

 

 

 

金運アップ

風水はブームが一段落し日本人の生活にもかなり定着してきたように感じます。特に「黄色は幸運の色」という認識は多くの方が持っているのではないでしょうか。そこから黄色い財布や黄色いハンカチなどが身近な金運アップツールとして人気になりました。正確に言えば、風水的に金運財運に相性が良い色は金色です。ですから金運アップを願うのであれば持つべきは金色となります。では黒や茶系の財布はダメなのでしょうか?詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

金運アップ金運アップの風水財布


 

 

 

 

 

 

金沢神社

  

石川県金沢市兼六町1-3    TEL:076-261-0502

 

金運アップ 方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神 白蛇竜神(金運の神) 菅原道真公 白阿紫稲荷大明神(商売繁盛の神) 

琴平大神 前田斉広公 前田斉泰公

アクセス

JR金沢駅下車
タクシー:所要時間約10分
北鉄バス:金沢駅西口4番から成巽閣前下車0分
     金沢駅東口6番から出羽町金沢医療センター下車3分
兼六園シャトルバス
    :金沢駅東6番から成巽閣前下車(所要時間12分)

 

 

金運アップ金沢市 金沢神社周辺のおすすめ温泉宿

 

金運神社 石川 金運神社 石川 金運神社 石川

 

 


大きな地図で見る【金沢神社】

 

 

 

金劒宮(きんけいぐう)

  

石川県白山市鶴来日詰町巳118-5    TEL:076-272-0131

 

金運アップ 方法

 

御祭神 

天津彦火瓊瓊杵尊 事代主神 大国主命 猿田彦命 日本武尊 大山咋命 菅原道真(天神さん)

電車アクセス

北陸鉄道鶴来駅→徒歩10分

車アクセス

北陸道金沢西IC・小松IC加賀産業道路16km20分

 

>> 白山市 金劒宮周辺のおすすめ温泉宿はこちらを参照下さい

 

 


大きな地図で見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【金運神社】 金運アップに効果がある全国神社一覧:北陸地方(新潟 富山 石川 福井) 
新潟県の金運神社:居多神社
富山県の金運神社:高瀬神社
石川県の金運神社:金沢神社 金劒宮
福井県の金運神社:岡太神社 金崎宮
2015年の北陸新幹線開業を迎え、石川県金沢市は観光地としてますます栄えることが予想されます。金沢といえば加賀友禅。実は金沢には加賀友禅として全国的に有名になる以前から既に独自の発展を遂げた無地染め技術が定着していました。梅の根や樹皮から作られた染料を使い加賀絹を染め上げた「梅染め」です。金沢の伝統染物技術として完成されていました。この「梅染め」の行程を複数回繰り返すことで、多少黒みがかった色調に仕上げた「黒梅染め」も有名です。「梅染め」は染めの工程の回数を増減させることで大変微妙な色調が狙えるので、幕府への献上品としても加賀藩自慢の逸品でした。また金沢といえば九谷焼。加賀藩士の後藤才次郎が有田焼で有名な肥前有田で磁器の技術を学び、九谷で窯を築いたことが発祥です。九谷は1655年(明暦元年)頃、鉱山開発の過程で陶磁器製作に欠かせない良質な陶石がたまたま採れたことからこの地が選ばれました。九谷焼が誕生した初期の17世紀頃の色絵磁器は「古九谷」とよばれています。古九谷は17世紀末頃に廃窯し衰退していきましたが、18世紀に入り京都の名陶工「青木木米」が加賀藩から招聘され九谷焼は再興し現在に至ります。