金運神社

神社は邪気(悪い運気)を祓っていただく場所

 

金運を上げる神社 おすすめ

日本人は古来より先祖を敬い自然を敬い、そして神を敬ってきました。ここで言う神とはキリスト教に代表される西洋の一神教的な神ではなく、「万物に宿る神」を指します。

 

日本には八百万の神がいらっしゃることはご存知のとおりです。それぞれの神には役割があり、得手不得手があります。

 

金運アップ 方法

縁結びで有名な出雲大社、合格祈願と言えば太宰府天満宮、商売繁盛であればお稲荷さんなど、日本人であれば誰でも知っています。

 

これらはズバリ言ってしまえば、結果として得られる「ご利益」に違いがある、といことです。

 

 

「ご利益」と聞くと、何やらありがたいものを「いただく」と勘違いされますが、正しくは願い事を成就させるにあたって障害となる様々な邪気(悪い運気)を祓っていただくことで、結果として「ご利益」につながるということです。

 

神社は何らかの邪気(悪い運気)を祓っていただく場所です。

 

学問成就で有名な神社であれば、集中力の妨げとなる邪気(悪い運気)を祓う事に効果があり、安産祈願で有名な神社であれば、周産期に特有の様々なトラブルを引き起こす邪気(悪い運気)を祓うことに効果がある、といった具合に、あくまで「祓っていただく」場所なのです

 

 

 

 

 

金運神社の意味

 

 

金運アップ 方法

金運に効果がある神社と聞くと、「金運をダイレクトに授けていただける神社」と勘違いされますが、既に説明したとおり「金気」を獲得する際に妨げとなる様々な邪気(悪い運気)を特異的に祓っていただける場所です。

 

 

なのでお参りの際に、「金運を上げてほしい」「金持ちにしてほしい」といった願いを込めたところで無意味です。これらは単なる邪念としてあっさり祓われるだけです。

 

ただ無心に心静かに参拝すればよいのです。

 

 

金運アップ 方法

「お百度参り」という参拝方法を聞いたことがあると思います。

 

これは無心に何度もお参りすれば、悪い運気がそれだけ質量共に多く祓われるので、願い事が成就する可能性が高まるということを目的とした方法です。

 

誰かのためにお百度参りをすることは無意味とは言いませんが、あくまで主体者である本人が行なってこそ効果が現れるものなのです。

 

大切なことなので再度強調します。

 

ただ無心に参拝すればよいだけです。

 

 

 

誰でも参拝すれば金運はアップする?

 

運気アップ 方法

どれだけ金運アップにご利益があるとされる神社に参拝したところで、そもそも参拝者本人に金気が備わってなければあまり意味がありません。

 

全くないとは申しませんが、期待した効果はまず得られないでしょう。

 

もっとハッキリ言ってしまえば、参拝しないよりはマシ、その程度です。

 

 

大切なことは、まずは【アクション編】の各STEPを確実にこなし、金気(金運)をいつでも自由に獲得し維持できる状態をしっかりマスターすることで、すべてはそこからスタートします。

 

そのベースがあれば、金運にご利益がある神社に参拝することで常に安定して金気の新陳代謝は促進され、金運は加速度的に上昇します。

 

 

定期的な参拝が難しければ

 

金運をスピーディーにアップさせるには、金気獲得の障害となる様々な邪気を定期的に祓っていただくことが必要です。一方で、忙しい毎日を送る方にとっては、あらためて神社に参拝する時間を作るというのは簡単そうで実はなかなか難しものです。

 

護符の活用

護符をご存知でしょうか?護符は「御守」の一種で「呪符」や「霊符」などともよばれます。

 

護符は何らかの願い事を持つ方向けに霊力者によって一品ずつ手書きで作成されるオーダーメイドであることが原則で、これを既成品化させたのが神社などで販売されている「御守」です。

 

護符の多くは縦長の短冊状で、そこに邪気を祓い旺気を強力に誘い込む図柄や文字などが描かれています。これを部屋の中に貼っておいたり、毎日持ち歩くことによって邪気から身を護り、旺気がスムーズに入り込めるようにします。

 

護符についてはこちらのページで詳しく解説しております。 金運アップ 護 符

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金運アップ トイレ 運気アップ 画像このページの先頭に戻る金運神社 全国一覧 金運アップ

 

 

当サイト『金運アップ確実な方法の理論と実践』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページでは金運アップに効果のある金運神社について解説しております。金運神社に限らず神社は何かをお願いする場所なのではなく、邪気を祓っていただく場所です。必死に何かをお願いしたところでほとんど意味はありません。願い事を達成するのに障害となる邪気を祓っていただくことを目的に、ただ無心に参拝すれば良いのです。