金運アップ 方法

人間の力を超えた存在(システム)

 

科学がこれだけ進歩した世の中であっても、未だに解明されていない物理現象や超自然的な現象は数え切れないほどあります。その最たるものが「神」の存在ではないでしょうか。

 

金運アップ 方法

古今東西、あらゆる文明・民族の中で、「神」の存在は必ず語られてきました。好むと好まざるとにかかわらず、人間の理解力を遥かに超えた何らかの存在(システム)が宇宙にはどうやら存在しているようです。

 

この存在はロジックで理解できるものではなく、また科学によって追求される研究対象にもなり得ません。

 

有史以前の昔から、人はその存在(システム)を便宜上「神」とよんできました。

 

現在世界中に存在する様々な宗教で、その宗教ならではの「神」が存在しています。キリスト教における「ゴッド」、ユダヤ教における「アドナイ」、イスラム教における「アラー」。ここではそういった特定の「神」ではなく全宇宙のシステムそのものを指すと考えて下さい。 

 

科学が行き着いた先に見え隠れするもの

 

金運アップ 方法

現代物理学の父とよばれ、20世紀最大の物理学者としても有名なアインシュタイン、またその他多くの有名な科学者達が、研究の行き着いた果てにどうしても神の関与を認めざるを得なくなったという話をご存知でしょうか?

 

宇宙から無事に生還を果たした飛行士の多くが、なぜか信仰心が急に篤くなるという話をご存知でしょうか?

 

 

金運アップ 方法

アポロ15号の搭乗員であったジム・アーウィンは宇宙から帰還した直後にNASAを去り、キリスト教の伝道者として生きる道を選択しました。

 

他にも宗教関連の道に進んだ宇宙飛行士は数多く、他にも詩人や現代アートの作家になった者、あるいは環境関連の熱心な活動家になった方もいます。

 

一方で、ほとんど報道されることはありませんが、帰還後に精神に異常をきたし療養生活を余儀なくされている方も少なくありません。口々に出る言葉はやはり「神」だそうです。

 

 

あらためて説明するまでもありませんが、このサイトは何か特定の宗教を推すわけでも、特定の何物かを信仰の対象とせよ、というものでもありません。

 

ここで理解いただきたいことはただ一つ、科学が到達しきれていない世界がまだまだあるという事実です。

 

 

金運アップの方法は科学で証明できません

 

このサイトで提示している金運アップの方法も、決して科学で証明できるわけではありません。

 

例えば、飛行機に乗って目的地Aに行く際に、飛行機の操縦方法や航空法、あるいは飛行機の構造や航空力学を理解する必要があるでしょうか?

 

目的地Aに行くという目的を達するためには、航空券を購入し空港に行って指定の航空機の座席に座れば良いだけです。つまり、目的を達するためには「席に座れば良い」だけという結論になります。

 

金運アップの方法も考え方はまったく同じです。このサイトで提示している内容は、まさに指定席に座るまでの効率的な方法を示しているわけです。

 

 

金運アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金運アップ 金運と科学このページの先頭に戻る潜在意識 金運アップ