金運神社 愛媛

愛媛にあるおすすめの金運神社

 

>> 誰でも金運がアップする方法、金持ちは無意識にやっていること。「○○を毎日5分」

 

愛媛県の金運神社

 

  • 大山祇神社       愛媛県今治市大三島町宮浦3327
  •  

  • 伊予豆比古命神社    愛媛県松山市居相2-2-1
  •  

     

     

    金運アップ 方法
    金運アップ 長財布

     

     

     


    大きな地図で見る【愛媛県】

     

     

     

     

     

     

    大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

      

    愛媛県今治市大三島町宮浦3327    TEL:0897-82-0032

     

    金運アップ 方法

    2600年以上の歴史を持ち「日本総鎮守」とも呼ばれる大山祇神社は、瀬戸内海の大三島(おおみしま)にあります。この島は瀬戸内海のほぼ中央にあたる芸予諸島に属し、瀬戸内海国立公園のなかでも指折りの景勝の地として知られています。社は島の西側「宮浦」に鎮座し、境内は国指定天然記念物である楠に覆われた厳かな雰囲気です。

     

    大山祇神社は全国に約10,300社ある山祇神社の総本社で、海の神・山の神・戦いの神として歴代の朝廷や有名な武将達から古来尊崇を集めてきました。武運長久を祈り源平をはじめとした多くの武将が鎧・兜・刀剣などの武具を奉納してきたので、国宝・重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約40%がこの神社に集まっています。中には源頼朝や木曽義仲が奉納した甲冑や、源義経が壇ノ浦の戦いで実際に着用したと伝えられる鎧や、日本に現存する唯一の女性用甲冑なども奉納されています。現在でも海上保安庁や海上自衛隊の幹部あるいは地元造船業関連の会社役員による定期的な参拝もあり、「海の神」「戦いの神」としての歴史は引き継がれています。

     

    御祭神

    大山積神(おおやまづみのかみ、おおやまつみのかみ)

    御利益(御神徳) 金運アップ 諸願成就
    電車アクセス JR予讃線「今治駅」下車、瀬戸内海交通バス「急行大三島行」に乗り「大山祇神社前」下車、徒歩1分(総所要時間:約1時間)
    車アクセス 瀬戸内しまなみ海道「大三島IC」から約10分

     

     

    金運アップ 鈍川温泉 : 今治市内からは車で約20分、肌触りが良いラドン入りアルカリ性単純泉は美人の湯としても有名。かつては今治藩の湯治場としても栄えた歴史ある温泉郷。

     

    金運神社 愛媛 金運神社 愛媛 金運神社 愛媛

     

     

    金運アップ 湯ノ浦温泉郷 : 女性に一番人気なのが「ケーオーホテル」。南仏のプチリゾートを想わせるオシャレなホテルで、ベルベデーレ宮殿(オーストリア)をモチーフに設計されました。JR予讃線「今治駅」からタクシーで約25分。客室は全20室、部屋毎にイメージは全て異なります。日本食研の工場見学付プランはカップルに人気。

     

    金運神社 愛媛 金運神社 愛媛 金運神社 愛媛

     

     


    大きな地図で見る【金運神社 大山祇神社】

     

     

     

    伊予豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ:椿神社)

      

    愛媛県松山市居相2-2-1    TEL:089-956-0321

     

     

    金運アップ 愛媛県 伊予豆比古命神社周辺のおすすめ温泉宿

     

    金運神社 愛媛 金運神社 愛媛 金運神社 愛媛

     

     

     


    大きな地図で見る【愛媛県 伊予豆比古命神社(椿神社)】

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【金運神社】 金運アップに効果がある全国神社一覧:四国地方(徳島 愛媛 高知) 
    徳島県の金運神社:津峯神社
    愛媛県の金運神社:大山祇神社 伊予豆比古命神社
    高知県の金運神社:朝倉神社

    金運を上げたいと金運神社に参拝する方が陥りがちな間違い、それは「お願い」です。「金運が上がりますように」「宝くじが当たりますように」といったお願いです。お願いしたからといって何か不吉なことが起きる、ということは一切ありませんが、そこに費やす労力はムダになります。そういった雑念は邪気として祓われる対象となるからです。金運神社に限った話ではありませんが、神社はお願いする場所ではなく、目的に応じた邪気(悪い運気)を祓っていただく場所です。ですから、余計なことを考えずに神殿の前でただ素直に頭を下げればよいのです。そして大切なことは「継続」です。理想は同じ神社への継続参拝ですが、毎日違う神社に参拝しても全く問題ありません。通勤途中、出張先など、もしも金運神社として有名な神社があったなら、積極的に参拝してみましょう。